早稲田大学孔子学院について

2007年4月12日に、中国国家漢語推広領導小組弁公室の代表として、当時の駐日本特命全権大使王毅氏が早稲田大学白井克彦総長と共同で研究型孔子学院設立に関する協定書に調印しました。
早稲田大学孔子学院は日中の学術交流を促進し、人文・社会科学を中心とした中国関連の共同研究を促進する「研究型孔子学院」です。
2020年4月、中国国家漢語推広領導小組(孔子学院本部)の組織再編により、北京大学との間で早稲田大学孔子学院の共同運営に関する協定書を新たに締結しました。
早稲田大学孔子学院は主に以下の事業を展開しております。

(1)中国関連プロジェクトの推進、学術研究成果の出版、公表等
(2)学術共同研究に関するシンポジウム、ワークショップ、セミナー、研究会、イベント等の開催
(3)若手研究者の共同育成
(4)中国文化に関するシンポジウム、学術交流会、展示会等
(5)早稲田大学高等学院孔子課堂の運営