<2021年度事業計画>
2021年は新型コロナウィルスの感染状況を踏まえ、オンライン式を中心とした活動を企画し、「研究型」孔子学院として主に以下の事業を計画しました。

  1. 清国留学生部の時代から近代まで早稲田大学で学んだ中国人留学生に関する資料整理・研究プロジェクトの立ち上げの検討
  2. 北京大学との共同研究交流会の実施
  3. 中国哲学・史学・文学に関する学術著書の出版

<2021年度予算>
「中国北京大学および日本早稲田大学による早稲田大学孔子学院に関する協定書」(2021年4月21日に締結)に基づき、孔子学院理事会で決議された事業内容に従って、2021年度事業予算として、46,350米ドル(約5,000,000円)が北京大学より提供されました。