お知らせ

//お知らせ

国際シンポジウム:「東アジアのメディア文化産業への批判的アプローチ」式次第

2012.03.29 2012.03.23 国際シンポジウム:「東アジアのメディア文化産業への批判的アプローチ」式次第 2012年4月13日 早稲田大学総合学術情報センター国際会議場3階第二会議室 14:45-17:30  司会 14:45~14:55 早稲田大学国際教養学術院 岩渕功一  挨拶 14:55~15:00 早稲田大学副総長、早稲田大学孔子学院院長 内田勝一  講演者 15:00~15:30 香港中文大学メディアコミュニケーション学術院 Anthony Fung 「中国のテレビ産業:営利化とその矛盾」  講演者 15:30~16:00 聖公会大学文学学術大学院 Jung-Yup Lee 「国境を越えたK-Popとブランド・ナショナリズム」  休憩 16:00~16:20  コメンテーター 16:20~16:35 東京芸術大学音楽環境創造科 [...]

2012-08-04T07:53:56+00:00 2012/08/04|お知らせ, 論壇|

2012年度孔子学院奨学金学生募集のお知らせ

2012年度孔子学院奨学金学生募集方法 孔子学院建設を支持するため、また中国語国際推進及び中国文化発信のため、さらに中国語教師と各種中国語人材を育成するために、中国国家漢弁/孔子学院本部(以下漢弁)は孔子学院奨学金を設立しました。これは外国籍の学生と学者、中国語教師が中国の高等学校(以下受け入れ校)にて中国語国際教育もしくは中国語言語文学、中国史、中国哲学専攻の修士学位習得のためにあります。 一、募集類別及び申請条件 本年度奨学金学生募集類別は中国語国際教育専攻修士、一学年研修生と一学期研修生があります。学生は非中国籍、年齢は満16-35歳でなければなりません(中国語教師は満45歳まで可)。 中国国際教育専攻修士課程は孔子学院(課堂)優秀学員、HSK成績優秀者、“漢語橋”世界大学生、高校生及び中学生作文コンテスト優勝者、各国中国語教師、及び大学にて中国語専攻優秀卒業生を対象としています。入学時期は2012年秋より、2年間支援されます。満修了後、中国語国際教育修士専攻学位と修士研究生卒業証書を取得することができます。申請者は学士学位もしくは相当学歴を持ち、新HSK成績は5級180点を下回らなく、同時に書面にて卒業後は少なくとも5年は中国語教学に携わることを承諾しなければならない。 一学年研修生は孔子学院(課堂)優秀学院、HSK成績優秀者、“漢語橋”世界大学生、高校生及び中学生作文コンテスト優勝者、各国中国語教師、及び大学にて中国語専攻優秀学生、もしくは将来中国語国際教育を志す方を対象としています。中国語言語文学、中国歴史と中国哲学を専攻とし、入学時期は2012年秋より、一年間支援されます。申請者は孔子学院での学習時間が120学時間を満たしているか、新HSK成績は3級180点を下回ってはいけない。 一学期研修生は孔子学院(課堂)優秀学院、HSK成績優秀者、“漢語橋”世界大学生、高校生及び中学生作文コンテスト優勝者、各国中国語教師、及び大学にて中国語専攻優秀学生を対象としています。中国語言語文学、中国歴史と中国哲学を専攻とし、入学時期は2012年秋もしくは2013年春とし、一学期分支援されます。申請者は孔子学院での学習時間が60学時間を満たしているか、新HSK成績は2級120点を下回ってはいけない。 二、奨学金資金援助内容及び基準 孔子学院奨学金資金援助内容は:登録費、学費、基本教材費、一次性初期費用、生活費、住居提供、一般医療サービスと訪中留学生総合保険が含まれます。そのうち、生活費の標準は一学期及び一学年研修生が1400RMB/月、中国語国際教育専攻修士学生が1700RMB/月です。一次性初期費用は、在中学習期間が一年の者には1700RMB/人、在中学習期間が一学期の者には1500RMB/人が支給されます。入学前にすでに、中国において半年以上学習されている方には、一次性初期費用は支給されません。 三、募集の流れ 本方法案が発表された日より、申請者は孔子学院奨学金ホームページ(http://cis.chinese.cn)に、ユーザー名を登録し、受け入れ校に関する情報を得ることができます。申請は、オンラインにて、≪孔子学院奨学金申請表≫(添付ファイル1を参照)を記入及び提出してください。同時に、記入された≪孔子学院奨学金申請表≫を印刷し、他の資料(第四項を参照)と一緒に、所属推薦機関にご提出ください。 漢弁は各国の孔子学院(独立設置の孔子課堂含む)、海外漢語試験場、中国駐外使(領事)館教育、文化処(組)、受け入れ校と孔子学院未設置国の関連なる高等学院を推薦機関とする。推薦機関は応募学生の申請資格及び資料を審査したうえで優秀者を推薦し、5月10日までに推薦学生の申請資料(電子版もしくは原本)を第一、第二希望受け入れ校に郵送しなければならない。同時に、推薦学生名簿(添付ファイル2を参照)を漢弁へ送らなければならない。 受け入れ校は申請学生の入学資格を審査し、6月5日まで漢弁宛てに奨学金留学生合格者名簿を送らなければならない(添付ファイル3を参照)。 漢弁は専門家による総合審査を行い、合格者に奨学金を授与し、6月30日まで奨学金ホームページに合格者の名簿を公布する。同時に推薦機関を通して、申請学生に通知する。 受け入れ校は7月10日までに≪合格通知書≫、≪入学に関するお知らせ≫、≪外国籍留学人員来中ビザ申請表≫(JW202表)等入学資料を推薦機関に郵送し、推薦機関より合格者に渡される。 四、申請資料 申請者は以下の資料を提出しなければならない。 ≪孔子学院奨学金申請表≫ パスポートの本人写真が載っているページのコピー 申請理由書。漢語学習の背景及び来中学習計画と目標について、中国語で800字以上書くこと。 HSK成績報告書コピー 最高学歴と成績証明書。申請者は公的効果がある最高学歴証明書もしくは在籍証明書を提出しなければならない。 推薦書及び承諾書。孔子学院が設置されていない国の中国語専攻の学生は、校長による推薦書が必要である。漢語国際教育専攻修士課程申請者は、校長による推薦書と共に、2名の准教授以上の役職の教員からの推薦書(中国語もしくは英語)を提出すること。更に、卒業後は少なくとも5年以上漢語教育の仕事に携わることを誓う承諾書(中国語で書き、署名をすること)を提出しなければならない。 満18歳未満の申請者は、在中法定後見人の法律書類を提出すること。 “漢語橋”世界大学生、高校中学生作文コンテストにおける来中選考表彰者は奨学金証明コピーと中国駐外使(領事)館教育、文化処(組)の推薦書が必要となります。各国選考区優勝者は表彰証明と選考区主催者の推薦書が必要となります。 中国語教師は就労機関による教学年数と週単位の科目数の証明書を提出すること。 五、入学及び年度審査について 奨学金受理者は、受け入れ校が指定した時間に到着し、報告しなければなりません。無断欠席者に関しては、奨学金受理資格を保留します。 入学時の健康診断において不合格となった場合は、奨学金受理資格を取り消します。 ≪孔子学院奨学金年度審査方法≫により、漢語国際教育修士課程専攻者は入学後の第二学期目において、受け入れ校による年度審査を受けなければなりません。審査を通過した方のみ、次の学年の奨学金を受け入れることができます。 [...]

2012-08-04T07:51:02+00:00 2012/08/04|お知らせ, 講演|

2012年北京大学孔子学院奨学金-修士課程研究生申請方法

1.インターネットによる申請 1.北京大学留学生インターネット応募ページ(http://www.studyatpku.com)に登録し、個人ユーザー番号を申請する。その後、申請資料を入力及び確認した上で提出する。≪外国留学生入学申請表(修士課程研究生)≫を印刷する。 申請種類:学歴生項目、修士課程研究生、漢語国際教育修士(孔子学院推薦学生のみ) 申請締め切り:4月30日、締切日を過ぎた申請書に関しましては一切受け付けません。 2.孔子学院奨学金ホームページ(http://cis.chinese.cn)にユーザー番号を申請する、申請資料を提出後、≪孔子学院奨学金申請表≫を印刷する。 2.提出資料(各項目二部ずつ必要) ≪外国留学生入学申請表(修士課程研究生)≫、≪孔子学院奨学金申請表≫。インターネットでの応募が完了後、申請書を印刷し、証明写真をお貼りください。 最高学歴証明書、成績証明。中国語もしくは英語の原本が必要です。 二名の副教授(もしくは相当役職)の書面推薦状。中国もしくは英語の原本が必要です。 新HSK成績書コピー 申請理由書。申請者は中国語学習背景、中国留学学習計画及び目標等について中国語で1000字以上書くこと。 有効期限内のパスポートコピー 卒業後最低5年間中国語教育の仕事に携わる承諾書(中国語で書き、署名をすること)。 注:申請資料がすべて揃っていないものに関しては受理致しません。また、申請資料は返却いたしません。 申請資料提出期限:5月10日前 3.採用までの流れ 現地孔子学院 ↓ 資料の提出 北京大学漢推弁 ↓ 初審 留学生弁公室 ↓ 二審 対外漢語教育学院 ↓ 最終審査 留学生弁公室 ↓ 合格書類作成、合否発表 国家漢弁

2012-08-04T07:39:54+00:00 2012/08/04|お知らせ, 講演|

早稲田大学孔子学院概要

2007年4月12日、早稲田大学OBの森喜朗元首相と北京大学OBの李肇星元中国外交部部長の立ち会いのもと、中国国家漢語国際推広領導小組弁公室を代表して王毅(元駐日本特命全権大使)と白井克彦(元早稲田大学総長)は早稲田大学孔子学院設立協定書に調印し、早稲田大学に世界初の「研究型」孔子学院が設立された。 さらに2007年11月12日、白井克彦(元早稲田大学総長)と許智広(北京大学学長)は東京で孔子学院設立実行協議に調印した。蔡天凱駐日特命大使をはじめ両校の責任者ならびに教師、学生代表の約300名が調印式に参加した。調印式の当日には早稲田大学孔子学院にて第一回理事会が開催された。会議では、孔子学院院長の任命式および、早稲田大学孔子学院の設立経費、2007年、2008年の事業計画・事業予算について討議された。 早稲田大学孔子学院の中国側のパートナーは北京大学であり、孔子学院は「早稲田大学・北京大学研究共同センター」という基本案をもとに、主に以下の事業展開を企画した。 北京大学を中心に中国の各専門分野から著名な研究者を招聘し、早稲田大学の大学院生を対象に中国研究の講義を開催する。 早稲田大学の学生に専門中国語講座、及び、中国思想文化についての講座を開催する。 中国問題を研究する日本の若手研究者を北京に招へいし、北京大学で共同研究を行う。 上級レベルの中国語学習者を対象とする中国語教授法、及び中国語教材研究開発の共同事業を実施する。 北京大学の関係機関、及び研究者と共同して中国研究の国際シンポジムを開催する。

2012-07-12T23:31:22+00:00 2012/07/12|お知らせ|

中国語教師研修プログラム教室変更通知

中国語教師研修プログラム教室変更通知 参加応募者多数のため、本プログラムは下記の通り教室を変更いたします: 変更前:11号館503教室 変更後:22号館201教室 22号館の位置は下記のアドレスよりご確認ください: http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html 大変お手数ですが、ご確認の上お越しください。 皆様にお会いできることを楽しみにしております。

2012-03-15T10:14:26+00:00 2012/03/15|お知らせ, 講演|

ドキュメンタリー文学作家譚璐美特別講演会

講師:譚璐美(ドキュメンタリー文学作家) 演題:「辛亥革命と近代中国」 日時:3月5日(月)午後6:30-8:30 場所:早稲田大学早稲田キャンパス22号館7階孔子学院会議室 使用言語:日本語 参加費:無料 事前申し込み 不要 参加対象:早稲田大学教職員、学生及び一般の方 主催:早稲田大学孔子学院

2012-03-15T10:13:27+00:00 2012/03/15|お知らせ, 演讲|

中国蘭州大学敦煌研究院趙声良教授特別講演

中国蘭州大学敦煌研究院趙声良教授特別講演 講師:趙声良先生(中国蘭州大学敦煌研究院研究員) 演題:「敦煌壁画に観る古代社会生活」 日時:3月8日(木)午後2:30-5:00 場所:早稲田大学早稲田キャンパス22号館8階会議室 使用言語:中国語(日本語通訳付き) 参加費:無料 参加対象:早稲田大学教職員、学生及び一般の方 主催:早稲田大学孔子学院 講演:午後2:30-4:00 休憩:午後4:00-4:15 質疑応答:午後4:15-5:00 申し込み方法:所属、氏名、連絡先(Eメールアドレス)を明記の上、wci@list.waseda.jp にお申し込みください。

2012-03-15T10:12:02+00:00 2012/03/15|お知らせ, 演讲|

「中国近代史研究の現在」シンポジウム開催のお知らせ

2010.11.19 早稲田大学孔子学院 早稲田大学孔子学院主催の「中国近代史研究の現在」シンポジウム開催について この度、早稲田大学孔子学院はシンポジウム「中国近代史研究の現在」を開催することになりました。20世紀80年代以後の30年間、中国大陸の近代史研究は大きく変貌し、実証に基づく研究成果が多数発表されました。2011年は辛亥革命100 周 年に当たります。辛亥革命をはさんでの清末史と民国史研究の著しい進展は、中国近代史像の変化をもたらしました。中国歴史学界の著しい変化はどのように 起こったのか。中国の歴史家たちがどのようなことに関心を持って歴史研究に取り組んでいるのか。近代史像の変化は中国の学術研究や歴史観にどのような影響 を及ぼすのか。そして、日本の中国近代史研究と中国の中国近代史研究との接点はどこにあるのだろうか。今回のシンポジウムは、中国近代史研究の第一線で活 躍されている中国と日本の研究者を招いて、このような問題についてとことんまで議論したいと思います。このような日中両国の学術交流が両国の相互理解に大 きく貢献するものと確信しています。ご興味のある方は、下記の申込フォームよりご申請ください。多数のご来場をお待ちしております。   記 時間:11月27日(土)10:30~17:30(質疑応答含む) 受付開始: 11月27日(土)10:00~ 場所:早稲田大学 早稲田キャンパス26号館多目的ホール 地図:http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html ※発表は中国語で行われます(日中同時通訳あり)。 プログラム: 司会者:劉傑 早稲田大学教授 【午前の部】 10:30-10:35 趣旨説明 劉 傑 早稲田大学教授 10:35-10:40 冒頭挨拶 [...]

2011-11-22T10:58:16+00:00 2011/11/22|お知らせ, セミナー|

元北京大学、復旦大学前学長による講演

北京大学前学長許智宏特命教授 復旦大学前学長王生洪特命教授 「中国大学経営」セミナー 本学名誉博士、特命教授の中国科学院院士、北京大学前学長許智宏教授ならびに、本学名誉博士、特命教授、復旦大学前学長の王生洪教授をお招きし、中国を代表する大学のトップのご経験を交え、中国における大学経営について語っていただきます。 かつて国のエリート養成機関として機能していた中国の大学も全入時代を迎えようとしています。2009年中国大学受験者数は1000万人を超え、 大学の卒業生の数も年々増えつつあります。経済発展に伴い、高校卒業後海外留学を選択する優秀な学生も少なくなく、中国の大学も国際競争にさらされている時代になっています。今回は、中国の名門大学である北京大学と復旦大学の前学長をお招きし、自身の経験を交えて中国大学高等教育の戦略をご紹介していただき、中国の高等教育機関は国際ステータスを得るために、今後どういうことに力を入れていくのか、また、人材育成の面では、優秀な学生の確保、教育の質の担保等をどのように考えるのか等についてお話していただく予定です。 記 以上 時間: 11 月 5 日(金)15:30~17:00(質疑応答含む) 場所: 早稲田大学早稲田キャンパス3号館2階第一会議室 地図: http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html 講演者: 中国科学院院士、北京大学前学長許智宏教授。復旦大学前学長王生洪教授      ※講演は中国語で行われます(日本語による逐次通訳あり)。 対象: 早稲田大学教職員 参加費: 無料 お問い合わせ先: wci@list.waseda.jp

2011-11-22T10:21:39+00:00 2011/11/22|お知らせ, 演讲|