教材及び読本の編集事情(2009年)

/, 講演/教材及び読本の編集事情(2009年)

「研究型」孔子学院の特徴を生かし、当学院では毎年定期的に中国問題に関する著作を出版している。今年「早稲田大学孔子学院シリーズ」の第一号は早稲田大学出版社により正式に出版された。今後の計画として「儒教を読み解く研究報告集」、講義プリント及び早稲田大学孔子学院シリーズ第二冊の「日中民法論壇」等、近いうちに出版をする予定となる。

 中国語を学習する日本の若者がよりよく中国の事情を理解してもらうために、北京大学からの協力を得て、早稲田大学及び全日本中国問題を研究する専門家を集め、「中国を知る」教材シリーズの開発編集を企画している。中国語を学習する学習者向けの副教材として、日本人の読書習慣に従い、日中対訳版のものを出版する予定。

2011-12-04T11:57:34+00:00 2011/12/04|ニュース, 講演|