早稲田大学孔子学院に関するマスメディアの報道

//早稲田大学孔子学院に関するマスメディアの報道

早稲田大学は世界的に有名な大学である。そのため、当孔子学院の責任者も毎月のようにインタビューや取材を受けている。

今まで積極的な報道が多くみられるが、一方当孔子学院の位置づけなどに関して理解できないと思う人も多少いる。
最近、報道、取材された内容は以下となっている。

2008年8月19日日本側土田院長及び中国側周程院長が「人民中国」東京支局のインタビューを受けた。
孔子学院の概況及び発展方向について報道された。

2009年10月7日土田院長は日本中国友好協会広報部のインタビューを受けた。
土田院長は、当孔子学院の主催した「周恩来と日本」写真展とシンポジウムの意義、日本国民の周恩来総理に対する印象を語った。

2009年10月19日日本側土田院長が日本国際開発雑誌のインタビューを受けた。
土田院長は孔子学院及び中国問題の若手研究者の育成事情について紹介した。

2011-12-07T10:04:24+00:00 2011/12/07|早稲田大学孔子学院概要|